コラム(お住まい選びのアドバイス)

注文一戸建住宅を検討する際に考えること

まず、住宅には大きく分けて「一戸建住宅」と「マンション」があります。

また、さらに、①新築マンション、②中古マンション、③建売一戸建住宅、④注文一戸建住宅、⑤注文一戸建住宅の5つのカテゴリーに分類できます。 

一般的にはみなさんの家族構成や勤務形態、経済条件、実家の有無、年齢等によって、どの建物を選ぶか? 決められていると思います。 

注文一戸建住宅を選ぶ場合のメリット、デメリットは以下の通りです。

~メリット~

~デメリット~

ž   新しくて綺麗

ž   資産価値が高い →ローンを長く組める

ž   土地が自分のものになる

ž   管理費や修繕積立金がかからない

ž   建替えや増改築、修繕が自由

ž   ペットや音のトラブルがない

ž   駐車場代がかからない

ž   高品質のかわりに価格が高い

ž   事前に土地購入する場合見つかりにくい

ž   モデルハウスで判断する

ž   修繕など何が起きても自己管理

ž   セキュリティーが整っていない

ž   階段を使う生活

ž   購入時に手間がかかる

 

住宅ローンを組んで注文一戸建住宅の購入を検討するにあたり留意するポイントを挙げてみましょう。 

物件カテゴリーによって変化する住宅ローンの条件は、金利、金利優遇、返済期間、物件価格に対する借入可能金額の4つがあります。 

④注文一戸建住宅は、①新築マンションは、②中古マンション、③建売一戸建住宅、⑤注文一戸建住宅と比較して、ほぼ最高水準の条件を得られます。 

なぜでしょう?

それは、既に土地を保有しているので担保をしっかり付けられるということ、注文一戸建住宅を購入できる年収層は金融機関から見ると上顧客になり得る一定水準の年収層であることなどが挙げられます。

 ただし、フラット35においては、注文一戸建住宅は他のカテゴリーと違って、つなぎ融資を利用しなくてはならず、つなぎ融資にかかる諸経費がかかります。

 それに、フラット35において注文一戸建住宅は、フラット35Sを利用可能な物件も、長期優良住宅(フラット50利用可能)の物件も、新築マンションと比べれば若干少ない傾向にあるかもしれませんね。 

それは、木造住宅はフラット35Sや長期優良住宅の基準を満たすためのコストが、マンションより高くなることから、すべてのハウスメーカーが高品質(高価格)を重視しているわけではないからです。 

とはいえ、必ずしも銀行ローンよりフラット35の方が有利とは言い切れません。

 現にこの先もずっと低金利時代が続くと考えて、低金利の銀行ローンを選択されている人も多くいらっしゃいます。