コラム(お住まい選びのアドバイス)

「金利優遇」とは?

銀行等へ行くと「金利優遇キャンペーン」というポスターをよく見かけますね。 

金利優遇とは、「住宅ローン金利の値引き」のようなもののことです。 

つまり、変動金利や〇〇年固定金利等の店頭表示金利がいわゆる定価であり、その金利から、「あなたなら〇〇%お安くしますよ。」というのが金利優遇なのです。 

例えば、借入を35年で3,000万円、店頭表示の変動金利が2.475%で金利優遇1.5%してもらえた場合0.975%となり、店頭表示金利の月々支払額にくらべて22,510円お安くなります。 

借入時に勝ち取った金利優遇は35年間変わりませんから、35年間の返済金額で900万円以上もお得になるのです。 

でも、「金利優遇なんて恒久的なものでしょ?」と思っている人にとってはピンと来ないかもしれませんね。

実は金利優遇は、いつ優遇幅が縮小されても(最悪金利優遇制度自体がいきなりなくなってしまっても)おかしくないのです。

 つまり、今月住宅ローン組んだ人と翌月住宅ローンを組んだ人で、総返済金額に何百万円も差がついてしまう可能性もあるのです。

 というのも、金利優遇制度自体始まったのが2001年で、優遇幅もわずか0.3%でしたし、そもそも実質金利が1%以下で金融機関に利益は殆どありません。

 それなのに、政策により金融機関にお金が余っていて、お金を貸さなければいけない状況にもかかわらず、リスクの高い企業向けの融資よりも個人向けの融資を優先し、金融機関同士で競争を続けてきた結果、金利優遇が好条件で継続しているのです。

 この先本格的に景気が回復し、企業融資が優先されてきたら、金利優遇のなかった通常の状態に戻ってしまうかもしれません。

 さらに金利優遇の条件は、基本的に公表されていませんし、金融機関・勤務先や職業等の属性・借入金額や期間等の借入内容によって異なりますので、住宅ローンを組む際は、不動産営業マンやファイナンシャルプランナーに相談したりして、何件かの金融機関に交渉し、最も好条件を引き出すという努力も重要でしょう。

 「金利が低いうちに住宅を購入しましょう」というよりも「金利優遇が好条件のうちに・・・」という方が現実的ですね。