コラム(お住まい選びのアドバイス)

親からの贈与は今年のうちに?

親からの贈与は今年のうちに?

 

住宅を取得するために親や祖父母から資金の贈与を受けると、そのうち一定金額まで贈与税が非課税となる特例があります。親からの援助で家を「買いたい」「建てたい」「増改築したい」と考えている人にはとても良い制度です。
ただし、贈与する親の年齢制限が緩和傾向にある一方で、非課税になる限度額が縮小傾向にあります。

つまり、来年よりも今年の方が非課税になる贈与の限度額が大きいので、好条件になります。 

具体的な非課税限度額は下記の通りです。

贈与年

平成25年中

平成26年中

省エネ・耐震対応住宅

1,200万円

1,000万円

一般住宅

700万円

500万円

(注)東日本大震災の被災者については、平成24年から平成26年の3年間、省エネ・耐震住宅は1,500万円、一般住宅は1,000万円

 さらに、上記の金額に加えて従来からの暦年贈与の非課税枠110万円もプラスすることができます。

 ちなみに最近の新築マンションや建売住宅は、上記の省エネ・耐震対応住宅に当てはまる物件が大半を占めますね。

 使い道は「住宅取得等資金」に限られます。つまり贈与を受けた人が一定条件を満たした自宅を建てたり買ったり、自宅の一定の増改築等をしたりするのにあてる資金のことです。

 手続きは、贈与を受けた翌年3月15日までに贈与税申告書と添付書類により税務署に申告します。

対象者は、父母および祖父母等の直系尊属よりの贈与で、対象は贈与を受ける年の1月1日で20歳以上の子供・孫等に限ります。配偶者の父母や祖父母からの贈与は対象外ですのでご注意ください。

配偶者側からの贈与を受ける場合は、取得する住宅を配偶者との共有名義にする等の対策が必要なケースもあるかもしれませんね。