コラム(お住まい選びのアドバイス)

住宅ローンの用語解説 融資事務手数料とは?

融資事務手数料(融資手数料)とは、文字通り金融機関に支払う事務手数料のことです。

住宅ローンを利用する際に金融機関へ支払うもので、ほぼ全ての金融機関に対して支払う必要があります。

ただし、その金額自体は金融機関によって異なります

 例えば、フラット35以外の融資事務手数料の金額は、①一律21,000円というように均一タイプの料金設定をしている金融機関もあれば、②融資額に一定割合を掛けて金額を決める金融機関もあります。

 一般論ですが、「31,500円~42,000円」という金融機関が多いですね。ただ、中には105,000円という金融機関もありますから、事前に、借り入れ予定の金融機関に確認する必要があります。

 また、住宅金融支援機構と民間金融機関の提携ローンであるフラット35を利用する場合も注意が必要です。

 なぜなら、フラット35は長期固定金利型の住宅ローンで民間の金融機関が共通のペットネームを使い取り扱っている準公的な商品ですが、融資手数料は個々の金融機関によって異なるからです。

 フラット35には、大きく分けて、融資手数料を低くして金利を高く設定するタイプと、逆に融資手数料を高くして金利を低く設定するタイプのローンがあります。

 つまり、金利を高くする代わりに当初の諸費用の負担を抑えるか、逆に金利を低くする代わりに当初の諸費用を多めに出費するかの違いです。

 どちらが良いか?はケースバイケースですが、総支払額(総返済額)は融資手数料を高くして金利を低く設定するタイプの方が安くなりますので、一般的には自己資金に余裕がある人はそちらを選択することが多いですね。

 具体的には、前者の金利を高く設定するタイプの融資手数料は5万円前後くらいで、後者の金利を低く設定するタイプの場合は、借入金額の1.5%程度(2,000万円であれば、30万円程度)の金額となります。

 いずれにしろ、予定でも良いので、具体的な融資額に基づいて、事前に融資事務手数料も含めた必要な諸費用額を算出しておきましょう